• ホーム
  • トリキュラーの知っておきたい副作用

トリキュラーの知っておきたい副作用

笑顔の女性

トリキュラーには避妊効果や生理痛、PMSの改善、子宮内膜症の痛みの改善、ニキビの改善など多くの効果があります。
しかしトリキュラーは薬のため、飲むことで副作用が出る可能性があります。
後で慌てないように、どのような副作用が起こる可能性があるのかを知っておきましょう。
よくある副作用としては嘔吐や吐き気です。
これはトリキュラーに配合されている女性ホルモンが対内のホルモンのバランスを妊娠している時と同じような状態にしてしまうことが原因で、つわりのような症状が出ると言われています。
また、妊娠中は身体の中に水分や栄養素を蓄えようとする働きもあるため、むくみや太ってしまうと感じてしまう人もいます。
トリキュラーの効果として肌荒れやニキビが改善するというものもありますが、人によっては逆にニキビが増えてしまうケースもあります。
そして一番注意しておきたい副作用は血栓ができてしまうことです。
妊娠中や出産の際には出血してしまうとお母さんだけではなく赤ちゃんにも悪影響が出てしまう可能性があるため、出血をすぐに止めなければなりません。
そのため、ホルモンの影響によって血液が固まりやすくなってしまいます。
水分不足になってしまうと血液の中の水分も減ってしまい、血液が濃くなってさらに固まりやすくなってしまい、血管の壁に出来た血液中のコレステロールや中性脂肪の塊が何かの拍子で剥がれて血液の中を流れていくと、血栓の大きさによっては脳や心臓、肺の細い血管に詰まってしまいます。
それが原因で息苦しくなったり手足がしびれる、心筋梗塞や脳梗塞といった重大な病気を引き起こしてしまう可能性があります。
これらの副作用を理解した上で、なにかおかしいと感じた場合にはすぐに病院で診察を受けるようにしましょう。