• ホーム
  • トリキュラーを飲み忘れたときの対処法

トリキュラーを飲み忘れたときの対処法

悩んでいる女性

トリキュラーを飲み忘れてしまった場合、避妊効果がなくなってしまう可能性があります。
毎日習慣づけて飲み忘れがないようにしたいものですが、万が一飲み忘れてしまった場合にでも避妊効果を継続する方法があります。
トリキュラーの飲み忘れが休薬期間に飲む偽薬だった場合には何の問題もありません。
次のシートを飲むタイミングは変える必要もなく、避妊効果にも何の問題もありません。
偽薬は「毎日飲む習慣をつけるためのもの」なので、体調に影響を与えるホルモン成分は配合されていないためです。
飲み忘れが24時間以内の場合には、気が付いたタイミングでその日の分を1錠飲むようにします。
この場合にも避妊効果には全く問題がありません。
そのままシートを飲み進めましょう。
前日分の飲み忘れに気づいた時には、そのタイミングで前日分と当日分の2錠を飲むようにします。
この場合は避妊は出来ていると考えても良いのですが、万が一のことを考えて7日間ほどは避妊具を併用することをお勧めします。
そのままシートを飲み進めて構いません。
問題なのが48時間以上経過してしまった場合です。
この場合には体内のホルモン濃度が保てなくなっているため、排卵が起こってしまっている可能性があるため現在のシートの使用は中止し、生理になったタイミングで新たなシートを飲み始めます。
トリキュラーはホルモンの濃度が3段階に分かれているため、3錠以上飲んでしまうと吐き気や嘔吐などの副作用が起こりやすくなってしまう上、避妊効果があるとは言えない状況です。
この場合には避妊効果が現れるのは新しいシートを飲み始めたのが生理初日ならその日から、それ以降なら1週間ほどは妊娠する可能性があるため、避妊具を利用するようにしましょう